MENU

ビネルギーの全成分効果と副作用の危険性を徹底解析!

 

この記事ではビネルギーの副作用について解説しています。

 

いくら効果があるダイエットサプリでも、副作用の危険があるものは飲みたくありませんよね…。

 

ビネルギーの全成分と副作用危険度を一覧にしたので、サプリ購入前の参考にしてみ下さいね!

 

成分名 効果 副作用危険度
コレウスフォルスコーリ末(国内製造) 脂肪の唯一の焼却炉である筋肉をキープしながら、効率よく健康的なダイエットをサポートします。
亜鉛含有酵母 肝機能強化や美肌効果、体内で有害物質を吸着し、排除する働きもあります。
白インゲン豆抽出物 成長ホルモンの分泌量を増やしたり、免疫力を高めたり、脂肪燃焼の促進効果などがあります。
サラシア末 体内への糖分の吸収を抑え、余分な糖が体脂肪として蓄積されるのを防ぐ働きがあります。
クロム含有酵母 / セルロース 特に血糖値を調節しているインスリンというホルモンの働きを助ける成分です。
酸化マグネシウム 胃内で制酸作用により胃酸を中和するとともに、 腸内では水分の再吸収に抑制的に働きます。
ステアリン酸カルシウム 一般的には乳化剤や安定剤などに使われています。また、粉体の流動性を向上させる作用があります。
微粒酸化ケイ素 食品添加物の一つです。湿気を吸って品質が変わってしまうことを防止します。
L-トリプトファン 日中は脳内でセロトニンに変化し、夜になると睡眠を促すメラトニンに変化する成分です。
L-ヒスチジン 大人は体内で合成でき子どもは合成できないため、子どもにとっては必須アミノ酸となる成分です。
サンゴ未焼成カルシウム カルシウムのほか、マグネシウム・鉄・カリウム・リンなどのミネラルも豊富に含んでいます。
ヘム鉄(豚肉由来) 野菜などに含まれている非ヘム鉄と比較して、5~10倍の吸収率があります。
ビタミンC 皮膚や粘膜の健康維持をしたり、ストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くするビタミンです。
ビタミンE 抗酸化作用があり、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助けるビタミンです。
ナイアシン 水溶性ビタミンのビタミンB複合体の一つで熱に強く、糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠な成分です。
パントテン酸Ca 糖質、脂質、タンパク質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助する役割をしています
ビタミンB2 発育のビタミンともいわれ、発育促進に重要な役割を果たすほか、皮膚などの細胞の再生にも関与しています。
ビタミンB1 体内で糖質をエネルギーへ変換する際に必要となるビタミンです。心身を活性化させる効果があります。
ビタミンB6 皮膚炎を予防することから発見されたビタミンです。筋肉や血液などがつくられる時に働いています。
ビタミンA 上皮細胞の代謝を活発にして、免疫機能を高める効果があります。また、抗酸化作用もあります。
葉酸 様々な酵素の働きを補助し、タンパク質や核酸の合成をサポートします。新陳代謝や成長に欠かせない栄養素です。
ビタミンD 小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進して、血液中のカルシウム濃度を保ち丈夫な骨をつくります。
ビタミンB12 葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助け、脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割もあります。

 

副作用危険度:当サイトの基準で判断

 

ビネルギーに含まれている全ての成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめました。

 

副作用危険度については当サイトの基準で判断していますが、ビネルギーには危険性の高い成分は使われていませんでした。

 

安全なダイエットサプリを摂取したいという人にもビネルギーはおすすめです!

 

ビネルギーの販売者であるTGMショッピングは、ダイエットサプリの取り扱い実績が豊富です。

 

そのため、ビネルギーの安全性も非常に高いと考えられるのです。

 

安心して飲めるようなサプリを探している人は、ビネルギーを試してみてはいかがでしょうか?

 

>>ビネルギーの効果と私の口コミ